MENU

 学生の頃って普通にたくさんの男性たちが周囲にいたから、とっても楽しいと感じていました。
やっぱり恋愛をするって当たり前の事だが、大学の中でも何人かの男性とのお付き合いを楽しむことができました。
キャンパスと言うのは本当に多くの人たちが集まってきていますから、刺激的な出会いと言うものもあります。
学生というのは社会人とは違って、それなりに時間というものもありますから、相手を探すこと自体は全く難しくはありません。
自然と男性から声をかけて貰える環境もあるし、一緒に遊んでいくうちに仲良くなって付き合っていくなんて事もあります。
サークル活動などにも参加していましたから、それなりに恋愛を重ねることができていました。
出会いはやはりある程度経験しておかなければって気持ちもあったし、とても楽しい思い出を作ることもできていました。
こういう環境にいるから、出会いというのが当たり前のものって思ってしまっていたんです。
社会人になったらなかなか出会いがない、こんな話はもちろん耳にはしていましたが、それを実感することができなかったのです。
キャンパスでは多くの人たちがいる、時間もたっぷりあるさがたくさんの出会いを楽しめる、だから社会人になった後の事というのは想像することができませんでした。
自分は子供の世話をしたいという気持ちがあったために、仕事は保育士を選んだんです。
自分のやりたかった仕事に就くことができたから、それはとても大変ではあるけれどやりがいを感じていました。
しかし、本当に女性社会という事もあって、出会いというものは全くないと言ってもいいぐらいの環境だったのです。
それでなくても社会人というのは出会いというものがないという話は聞いていたけれど、女だけの世界だから当然のように彼氏をみつける事ができない状態になってしまったのでした。
前の彼氏とは学生時代に分れてしまっていて、こんな事なら付き合っとけば良かったなんて考えるようにまでなっていたんです。